フィルムのメリット

woman tired on the table

避妊用フィルムは他の避妊方法にはないメリットがたくさんあります。特に男性に喜ばれるメリットが多いので、避妊方法に悩む方に非常にオススメです。男性のことを思って避妊用フィルムを使う方はふえつつあるようです。

正しく使うために

woman worry about her work

避妊用フィルムは正しく使うコツを知っておく必要があります。水分を吸って溶けてしまわないように素早く挿入することを心がけましょう。また、効果時間が限られていることもしっかり覚えておきましょう。

海外から輸入する

pills and wooden

避妊用フィルムはかつて日本でも販売されていましたが、薬事法で取りざたされてからは売り上げが減少し、今は製造が中止されています。今購入するには海外から個人輸入する必要があります。

避妊の方法論

drug in test tube

避妊の方法は、大きく分けて3つのアプローチ方法があります。これらの特性を理解し、自分に合ったものを利用しましょう。オススメは気楽に使える避妊用フィルムです。飲み忘れさえなければ低用量ピルも効果的でしょう。

意外と危ないコンドーム

many pills of blister

人間は性行為をコミュニケーションとして行う生き物なので、これを読んでいる女性も妊娠を望まない性行為を行ったことがあるのではないでしょうか。
日本では妊娠を望まない性行為を行う場合は基本的に避妊を行います。特に多いのはコンドームによる避妊でしょう。
コンドームは男性器に覆いを付けることによって、物理的に精子の流入を防ぎます。ただ、コンドームは非常に薄いものなので、いつ破れてしまうかわかりません。さらに根元まで装着していなければ行為中に外れてしまい、精子が流入してしまう危険性もあります。
実際にコンドームは避妊の失敗事例が後を絶たず、調査によると約2割の人がコンドームによる避妊に失敗したことがあるということでした。

この事から、すべての女性は避妊方法について考えを改める必要があるといえます。
コンドームは男性の気分次第では使われないこともありますので、女性は性行為のたびに妊娠のリスクを背負うことになります。
そして、望まない妊娠をしてしまった時に傷つくのは主に女性なので、今後は女性自身で身を守るためにも、様々な避妊方法について知っておきましょう。

当サイトでは、女性メインで行える避妊用フィルムを中心に、様々な避妊方法を紹介していきます。
避妊用フィルムを使いこなすことができれば、避妊の確率は飛躍的に上昇しますので、すべての女性は避妊用フィルムをはじめとした避妊方法をマスターしておきましょう。
日本ではマイナーな避妊用フィルムですが、海外では頻繁に利用されていますので、日本はまだまだ避妊技術で遅れているといえます。避妊用フィルムの正しい使い方を知り、避妊の選択肢を増やしましょう。

個人輸入の注意点

two drugs on hand

避妊用フィルムは海外からの輸入になりますので、普通の通販とは異なる注意点があります。商品の到着時期と、取り扱いには十分に気を付けましょう。転売や譲渡は罪に問われることもあります。